<平昌五輪>“仲間を置いてきぼりで物議”パシュートのキム・ボルムらが緊急会見 (2/20)

<平昌五輪>“仲間を置いてきぼりで物議”パシュートのキム・ボルムらが緊急会見 (2/20)

<平昌五輪>“仲間を置いてきぼりで物議”パシュートのキム・ボルムらが緊急会見

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/0220/10207372.html

2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪・スピードスケート女子団体追い抜き(パシュート)の韓国代表キム・ボルム(25)、パク・ジウ(19)とペク・チョルギ監督が20日午後、物議を受けて緊急記者会見を開いた。

 彼らは20日午後5時半より、江陵スピードスケート競技場の記者会見場に姿を見せた。なお、ノ・ソンヨン(28)は会見には欠席した。

 ペク監督は「選手を確認できなかった私の責任だ。監督として責任を痛感している。多くの方に申し訳ない」と述べた。

 物議の中心となったキム・ボルムは「(ノ・ソンヨンと)競技後は時間も遅く、話すことができなかった」とし、「多くの方の心を傷つけてしまったようだ。とても申し訳なく思い、反省している。心より謝罪する」と話した。

 これを前に、キム・ボルム-パク・ジウ-ノ・ソンヨンで構成された女子パシュート韓国代表は前日(19日)、江陵スピードスケート競技場でおこなわれた競技で、3分03秒76を記録し、8チーム中7位に終わった。

 問題視されたのは成績ではなく、競技内容とその後の行動にあった。

 キム・ボルムとキム・ジウがノ・ソンヨンより先に競技場を後にし、コーチ陣がひとり泣くノ・ソンヨンを慰める場面が映し出されたことで、波紋を広げた。最終3人目の記録が成績となるパシュートでは珍しい光景だった。

 さらにインタビューでもその物議は拡大した。キム・ボルムは「一緒に五輪出場を果たし、パシュートの練習に励んで来たが、最後にソンヨンオンニ(オンニ=年上の女性を指す言葉)の体力が落ち、格差が広がった」と笑いながら話し、インターネット上では「まるでチームメンバーにすべてを擦り付けた態度だ」と物議を醸した。

 パク・ジウに対しても同じだった。「意思疎通に問題があり、正直、ソンヨンオンニがこうなると考えていなかったわけではないけど…記録への欲もあって」と釈明したが、むしろ大きく非難されることとなった。

価格