平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(32=相沢病院)らによるトークイベントが3日、さいたま市内で行われ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(32=相沢病院)らによるトークイベントが3日、さいたま市内で行われ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(32=相沢病院)らによるトークイベントが3日、さいたま市内で行われ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。:
https://www.nikkansports.com/sports/news/201807030000851.html.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UClTabxx0KAmvhaaZzFJsyJg?sub_confirmation=1
  平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(32=相沢病院)らによるトークイベントが3日、さいたま市内で行われ、約400人の聴衆を前に講演した。  小平はストイックなエピソードで聴衆のどよめきを誘った。講演の冒頭、この日(3日)の早朝にサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れた日本代表の話題を振られ「惜しかったらしいですね。昨日の夜は遅くまで練習していたので試合は見ていないです」と明かすと、練習熱心な姿勢に会場から感嘆のため息が漏れた。  講演の直前には、控室で自ら握った玄米のおにぎりを食べた。「レースが近づいたら内臓に優しい白米なんですけど、血糖値を安定させたいときは玄米や雑穀米にしています」。副菜を中心に1日3食を自炊。外食はめったにせず「人に気を使ってしまうので疲れてしまう」と理由を説明した。  講演の中盤では、埼玉県内でスピードスケートを習う小中学生の男女14人に自身の低姿勢なフォームを伝授。「ここまでアクティブな講演は初めて」と笑顔を見せた。  小平を指導する結城匡啓コーチ(53=信州大教育学部教授)も登壇。コーチ、教育者、研究者と多岐にわたる活動で多忙の恩師に「もう53歳なので、もう少し休んでほしい」と小平。そんな注文に対し結城コーチは「小平が休まないと結局私も休めない」と返すと会場がどっと沸いた。  小平は今後に向けて「研ぎ澄まされた体と感覚を追求したい」とあふれる向上心を語り、結城コーチも「この2年間の成長は本当に右肩上がり。これからどんなタイムが出るのか、未知の領域に入っていくと思う」と太鼓判を押した。
#平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(32=相沢病院)らによるトークイベントが3日、さいたま市内で行われ…日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports, #com)
#スポーツ, #平昌五輪, #ピョンチャン, #オリンピック, #小平奈緒, #W杯, #ワールドカップ, #ロシア大会, #日刊スポーツ

価格