【韓国の反応ニュース】韓国人400年前の日本の技術に驚愕!「やはり日本はすごい」にワロタww『最新ニュース韓国経済崩壊』【大和魂+α】

【韓国の反応ニュース】韓国人400年前の日本の技術に驚愕!「やはり日本はすごい」にワロタww『最新ニュース韓国経済崩壊』【大和魂+α】

【韓国の反応ニュース】韓国人400年前の日本の技術に驚愕!「やはり日本はすごい」にワロタww『最新ニュース韓国経済崩壊』【大和魂+α】
【注目動画はこちら!】
◆【在日発狂】安倍首相と小池百合子都知事、早速和解キタ!リオ五輪閉会式で急展開w在日パヨク大発狂w【大和魂+α】

◆朝日新聞「桜井誠候補による選挙運動の形をしたヘイトスピーチ。大きな課題」東京新聞「選挙ヘイト」【大和魂+α】

◆【都知事選挙の裏側】鳥越俊太郎のボロ負けで消滅が危惧される「国民的イベント」存在意義に疑問符

◆【韓国経済崩壊最新情報2016年8月】国民より財閥優先…“地獄”のような社会格差に爆発寸前の韓国人

=======================

【日本や中韓の話題のニュースをお届けします】
※文字のスクロールスピードは動画右下の歯車マークの「速度」から変更できます。
※音声読み上げが不要あ場合は、スピーカーマークを押して、ボリュームを消してご覧ください。

拡散の意味も込めて、グッドクリック&コメントを是非お願いします。 
毎日、あなたに最新の話題をお届けいたしますので、
是非チャンネル登録をお願いしますm(_)m

☆☆チャンネル登録はこちらからどうぞ!☆☆

————————————————————
韓国人400年前の日本の技術に驚愕!「やはり日本はすごい」韓国の反応にワロタww『最新ニュース韓国経済崩壊』

韓国人「日本の機械工学はこうして始まった」→「やはり日本はすごい」

韓国のネット掲示板に「日本の機械工学の始まり」というスレッドが立っていたのでご紹介。

時は16世紀、大航海時代と共に日本に西洋人が流入し始める。

日本に来た西洋人たちは、永住者に良い印象を与えるため、西洋のものを賄賂として捧げた。

その中で、日本人たちが好んだものの一つが、西洋の時計だった。

時間を分かるというのもそうだが、何より洗練された機械装置という点で人気を博した。

下の写真は、徳川家康がスペイン王からもらった時計である。

その中で、日本人たちが好んだものの一つが、西洋の時計だった。

時間を分かるというのもそうだが、何より洗練された機械装置という点で人気を博した。

下の写真は、徳川家康がスペイン王からもらった時計である。

日本人は、この時計を鑑賞するだけにとどめず、自主制作を試みた。

職人を動員し、レプリカの時計を作らせた。

長年の試行錯誤の末、職人は時計の内部構造を調べ、独自の製作に成功した

しかし、16世紀にキリスト教の反乱が起き、日本は鎖国に入る。

西洋貿易は長崎だけに限定され、西洋の時計技術の導入は途絶えた。

すると、日本の職人たちは自主的に技術開発を始め、自分たちなりに時計の構造を改善し、世界初の12式文字盤を発明した。

中でも最高傑作と言われているのが、19世紀半ば、田中久重が製作した時計だ。

名前は「万年自鳴鐘」とされ、太陽と月の動きはもちろんのこと、曜日、季節まで確認できる優れた時計だった。

これを開発した久重は、後に東芝を設立し、日本の機械工学をリードすることになる。
————————————————————
使用画像、音楽は
DOVA-SYNDROME
無料写真素材 写真AC
イラストAC
シルエットACより引用
また、動画内のコンテンツは、「2ch」より引用

Subscribe & More Videos: https://goo.gl/ySmYgB
Thank for watching, Please Like Share And SUBSCRIBE!!!
#, #uc0ctlixibaka2y3817ojftq

フレッツ光192,000円割引はこちら