【オランダはかつて反日?今は?】12年4か月ぶりのオランダ渡航の感想!17世紀から交流のあるオランダ!フランス・パリよりご報告!

【オランダはかつて反日?今は?】12年4か月ぶりのオランダ渡航の感想!17世紀から交流のあるオランダ!フランス・パリよりご報告!

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明のホームページは下記

トップページ

アメブロ(アキーラさん海外見聞録)は下記をクリック
http://ameblo.jp/yukokunoshi

Youtube1別チャンネル(フーテンの旅人アキーラ旅Travel Channel1)
https://www.youtube.com/user/Yuukokun…

Youtube別チャンネル(ジャーナリスト大川原 明)
https://www.youtube.com/channel/UCEfs…

Youtube別チャンネル(アキーラ/タイランド微笑みの国チャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCglkEz9eDPNrYDFWVU5VcJQ

Travel.jpたびねすに旅行記事寄稿
http://guide.travel.co.jp/navigtr/730/

【オランダはかつては反日!?】
オランダは欧州の中ではポルトガルと同じく古くから交易があった国です(17世紀から)。江戸幕府、3代将軍、徳川家光の時代に鎖国政策が整い、欧州ではオランダだけが交易を認められるようになりました。

先の大戦では、オランダ領インドネシアなど南方でオランダとも激しい戦闘を繰り広げた日本。その後の独立に繋がったインドネシアの人々はオランダの圧制に苦しんでいたのは事実で、日本軍進駐を歓迎し、日本軍が進駐しやすいように内から協力したのは事実です。

第二次世界大戦が終了し、オランダが再び、インドネシアを占領しようとしましたが、インドネシアは日本に見習えと独立戦争を4年5か月にわたり展開し、独立を勝ち取りました。(これには数多くの残留日本兵がインドネシア独立のために尽力したのは多くの人々の知るところとなっています。)

そんな経緯があり、戦後、オランダは反日国でした。
ネットでは嘘情報(フェイクニュース)が垂れ流しになっており、フランスやタイが反日だったとか、反日だとかどこかのカルト宗教の信者や左派が嘘を流していますが、絶対にそれはありません。
ネトウヨと揶揄されるろくに海外に出たこともなく、世界の真実を知らない、民族派のように活動も出来ない自称自認保守(カルトが垂れ流すフェイクニュースに踊らされている人々)は真実を見極める目をもったほうはよい。というよりも海外に出て、自分の目と耳で確認しなさいと。

しかし、オランダがかつて反日であったのは事実です。
しかし、戦後73年が過ぎ、戦争体験の世代が減り、今では反日国ではなく、親日知日の人々も戦後世代を中心に増えています。
実際に多くのオランダ人と接して(今までの人生でも)、日本に対して良い感情をもつ人々が増えていると実感しています。

隣国のように反日教育による洗脳をしていませんので、いつまでも謝罪や賠償といっている人々ではありません。
まず、先の大戦では、日本は負けました。勝てば官軍、負ければ賊軍のごとく、敗者は歴史上では悪くなるわけです。

しかし、日本が戦わなければインドネシアの独立はなかったのは事実で、そういった意味では、負けはしたものの、日本が欧米列強にたちむかったことには意義があるのだと思います。

オランダとは先の大戦では戦いあったものの、欧州の中では古くから交易のある国です。そういった意味では日本にとっても感慨深く、大切な国だと思います。
天皇皇后両陛下は行幸啓されたオランダ。
さらなる日蘭友好を現地より願っています。

3 件のコメント

  • いつも見ています。正しい見解ありがとうございます。先の戦争が日本人だけが悪者はおかしな考えと思います。

    • AKIRA-Travel-Channelアキーラさん海外見聞録・ジャーナリスト大川原 明 より:

      フランスは暑いですね。オランダやロンドンに比べると。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です