裁量労働制の範囲拡大の前に有給休暇をしっかりとれるように改革して

裁量労働制の範囲拡大の前に有給休暇をしっかりとれるように改革して

★今後の講演情報はこちら→http://kazuyahkd.com/event

★毎週水曜日21時から生放送!→http://ch.nicovideo.jp/kazuyagx2

★サブチャンネルもあるよ→http://www.youtube.com/user/kazuyahkd2

★Twitter
http://twitter.com/kazuyahkd

5 件のコメント

  • 要は日本は企業戦士を作る教育しかやってないんだよな。個性とか全く無視じゃん。全体主義なんだよ。

  • ドイツ、及び欧州のそういう労働慣習は、同一労働同一賃金と同じく、過激な労働運動の成果である。日本にも保守系労組はあるようだが、労使一体。というヌルい体質のため、全く労働者のために機能してない現実がある。
    労働時間が短いと、生産性が上がって賃金が上がるのではなく、先に賃金が上がるから生産性が上がるのだ。つまり、欧米では、賃金そのものを付加価値としてるのであり、賃金は付加価値ではないとする日本とは思考が全く違う。という事実を認識すべきである。
    裁量労働制も出直し議論になる様相だが、労働者個人個人が裁判所で企業側と労働条件調停ができるよう、労働訴訟を簡略化する事もセットでやるなら、悪い話ではない。否、それが集団争議を忌避する日本人型の労働運動であろう。

  • 南国に旅行した時に少し話したアメリカのおじさんは「3週間の休みずっとここでのんびりしてるんだ」とホテルのビーチで言ってました。

    4泊5日でツアーに参加しまくりの自分と心の余裕の違いを感じましたね…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です