平昌五輪・パラ五輪での活躍祝う メダリストに道民栄誉賞を贈呈 札幌市 (18/05/06 17:45)

平昌五輪・パラ五輪での活躍祝う メダリストに道民栄誉賞を贈呈 札幌市 (18/05/06 17:45)

ピョンチャンオリンピックと、パラリンピックでの道内関係選手の活躍を祝って、讃える会が6日道庁本庁舎前で行われ、メダリストらに道民栄誉賞が贈られました。

 道庁本庁舎前で行われた讃える会には、道内関係選手43人が出席し、雨の中、約1500人が活躍を祝いました。

 壇上では、選手へのお祝いの言葉などが述べられた後、道民栄誉賞が贈られるメダリスト9人のうち、6日出席した、スピードスケートの高木姉妹と佐藤綾乃選手に、記念品などが手渡されました。

(高木菜那選手)
 「2つの金メダルが取れたのは、皆さんの応援が自分の力となって、最後の一押しとなって駆け抜け、金メダルをとれたのだと思う」

(高木美帆選手)
 「今回この賞を頂けて大変光栄に思うとともに、競技力だけではなく、人間力の向上にも努めていきたいと改めて感じました」

(佐藤綾乃選手)
 「ピヨンチャンオリンピックを機にスピードスケートに興味を持ってくれた方たくさんいるかと思いますが、これからもスピードスケート応援よろしくお願いします。

 6日出席できなかった、ジャンプの高梨沙羅選手と、カーリングのLS北見の選手には、後日道民栄誉賞が贈られることになっています。