平昌五輪、羽生結弦オメ、選手以外は記憶から消したい五輪…運営は南北合同仲良し大会レベル、歴史に残る最悪五輪

平昌五輪、羽生結弦オメ、選手以外は記憶から消したい五輪…運営は南北合同仲良し大会レベル、歴史に残る最悪五輪

フィギュアスケートの羽生結弦が、迫真の演技を見せてくれた。筆者は特段、フィギュアファンでもなければ、羽生ファンでもないが、同郷人として、その頑張っている姿には、陰ながらエールを送っていた。今回の五輪は、ケガからの復帰後、いわばぶっつけ本番の大舞台で、人並み以上には心配していた。それが、ショートプログラムで、開始後すぐの4回転ジャンプを、危なげなく成功させた。そのジャンプは軽やかだったが、ケガからここまでの道筋には、苦悩やプレッシャーなどの暗雲で覆われていたはずだ。それをその4回転ジャンプは、一瞬に弾き飛ばしてくれた。演技が終わってみれば、パーフェクトで、観客席はスタンディングオベで、熊のプーさんの雨あられだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です