【アメリカを読む】「反日映画」で慰安婦碑運動に走った韓国系高校生 マンハッタン対岸の町は“コリアタウン”化していた

【アメリカを読む】「反日映画」で慰安婦碑運動に走った韓国系高校生 マンハッタン対岸の町は“コリアタウン”化していた

米東部ニュージャージー州フォートリーに5月23日、同州で5例目となる慰安婦碑が設置された。慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意後も米各地で韓国系団体による設置が相次ぐが、フォートリーのケースの特徴は、地元の韓国系米国人の高校生たちが主導したことだ。高校生たちを動かしたきっかけは、韓国で大ヒットを記録した慰安婦映画。一方的な歴史認識は、10代の若い世代にも深く浸透している様子が浮き彫りとなった。 ニューヨーク・マンハッタンの対岸にあるフォートリー。5月23日午後に地域の公園で行われた除幕式の“主人公”は、韓国系の高校生たちだった。 除幕式の進行は高校生の男女2人が務め、開会の挨拶にたったのも、設置を進めた高校生の団体「ユースカウンシル・フォートリー」代表の男子生徒だ。 男子生徒は、集まった100人超の来場者に謝意を述べた後、2年前に慰安婦設置の活動を始めたきっかけをこう明かした。「私と友人は『スピリッツホームカミング』という映画を見ました。慰安婦が堪え忍んだ恐怖を描いたものです。映画を見終わった後、何らかの形で女性たちを追悼したいと考えるようになり、碑を設置することに決めました。なぜなら、彼女たちの苦しみを、人々に知ってもらいたかったからです」 短いスピーチだったが、参加者からは大きな拍手が送られた。 男子生徒が述べた映画「スピリッツホームカミング」は日本では「鬼郷」という題名で知られる。2016年に韓国で公開され、大ヒットした映画だ。劇中では、慰安婦として連行された少女たちに対する日本兵の残虐な暴行、拷問シーンが描かれている。 続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です