「うわー鯨だよ・・」「日本なのにパンなの?」60年前の日本の学校給食に世界が騒然・・

みなさんこんにちは、あゆみです。給食と言えば、コーヒー牛乳にするアレは好きでしたー!あと、カレーのソフト麺。たまに出るフルーツポンチも楽しみでした。レーズンパンは苦手でした・・

今回のニュースはこちら⇒http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2537.html

『嫌韓女子』というより日本が大好きなAyumiが、自分の声でニュースを読み上げていくチャンネルです。韓国を中心に、東アジアのニュースを取り上げていきます。一生懸命読み上げていきますので、ぜひ応援よろしくお願いします♪

共感いただけましたら、Good!やチャンネル登録していただけると嬉しいです★

チャンネル登録はこちらからできます↓
https://www.youtube.com/channel/UCAG2r-81w_Hjc27By9zrUMA?sub_confirmation=1

よろしくお願いします★

画像引用:

3 件のコメント

  • パンはアメリカの食料政策の一環だったのですな。米食が曲がりなりにも健在なのは大いに評価すべきでしょう。鯨の竜田揚げは懐かしさ爆発ですな。自分的にはパイナップルの入った酢豚を初めて食べたのが学校給食でした。年がバレますが、幼稚園児のころ脱脂粉乳を飲んだ記憶がありますな。豆乳よりは旨かったと記憶しております。

  • お昼にご飯が食べられなかった子は、東京オリンピックの後にも居たよ。
    NHKでドキュメントが作られていた。

  • 給食が喰えるから学校に行っていた奴も多かったから、少なくとも小学校では不登校は居なかった。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です